タイヤの選び方

小型車 / 大型車 / プリウスから雨の日 などおすすめのタイヤの選び方

ブレーキ性能の高いスタッドレスタイヤを選ぶには

      2015/10/26

これから冬を迎える季節、雪国はもちろんのこと、降雪が少ない地域でもスタッドレスタイヤは必須アイテムとなります。冷え込む朝の路面凍結や、急な降雪にも対応できるよう、早めの備えが大切です。私のおすすめは、「発泡ゴム」を利用した、冬場でもブレーキ性能が高いスタッドレスタイヤです。冬道での雪上や氷上は怖いと思われがちですが、実は氷そのものは乾いているため滑りません。手で氷を持ったり、熱を持つところに氷を置いたりすると、氷が溶け出してツルツルと滑るわけです。同様に考えると、タイヤの摩擦熱により、氷上の氷が溶けるわけです。溶けた水は、タイヤと路面の間に水の膜を作り出します。つまり、雪道や凍結バーンで滑るのは、氷ではなく水の仕業なのです。ですので、しっかり雪道で止まるためには、水の膜を取り除く必要があります。水を素早く吸収すると言えば、「スポンジ」です。「発泡ゴム」は、スポンジのようにたくさんの細かい空気の穴が入っているため、スポンジのようにぐんぐん水を吸い取り、水の膜をスピード除去します。ですので、タイヤと路面がしっかりと密着し、安心感があります。寒い日だと、ゴムは硬くなってしまいますが、この発泡ゴムはクッションの役割も同時に果たすため、寒い日でも柔らかいままです。ですので、劣化して硬くなるということもありません。また、タイヤの表面がすり減っても、新しい気泡が次々に現れてくるので、何シーズン絶っても、効果は衰えません。雪国でも多く利用されている、この「発泡ゴム」を利用したスタッドレスをおすすめします。雪道での安定感に、きっと驚きを感じますよ。

おすすめのタイヤホイールセット

タイヤ&ホールセットランキング

おすすめのタイヤ&ホイールセットはこちらです。
各車種など自分にあったタイヤを選んで快適なカーライフを!

tophd_onlineshop_f2

 - 選び方